本文へジャンプ
福山市立大学 福山市立大学トップページへ

福山市立大学附属図書館

お知らせ

トップページ>お知らせ
トップページへ
利用案内ページへ
施設概要ページへ
学外者利用案内ページへ
蔵書検索(OPAC)ページへ
開館カレンダーページへ
よくある質問ページへ
リンクページへ
ここから本文

FCU生がビブリオバトル首都決戦に出場しました

掲載日:2013年11月27日
 
11月24日(日)にベルサール秋葉原(東京)で行われた「ビブリオバトル首都決戦2013」に広島・山口ブロック代表として都市経営学部3年の中元麻友美さんが出場しました。中元さんは,地区予選会でチャンプ本となった「クリスマス・プレゼント」で今大会に挑みました。

この大会は,準決勝と決勝で構成され,全国の予選を勝ち抜いた学生30名により,熱いバトルが繰り広げられました。
 
会場には,およそ3300人の観衆が集まりました
 
 
まず,始めに行われた準決勝では,出場者6名ずつA〜Eの5ステージに分かれて各代表を決定しました。
中元さんはメイン会場でもあるAステージの,なんと1番目に発表しました。
 
 準決勝のトーナメント表です
 
落ち着いた様子に見えましたが,本当はとても緊張していたそうです
 
準決勝の結果は,みごと中元さんが観衆の多くの挙手を集め,Aステージ代表に選ばれました。
 
決勝戦は各ステージを勝ち抜いた5名で行われました
 
 
決勝戦では,中元さんは3番目に発表しました。話し方,構成,本に対する熱い想い…すべてが合わさった素晴らしい発表でした。
 
 準決勝の時の内容に少しアレンジを加えていました
 
発表後のディスカッションでも,観客からの質問に対して,的確にそして観客をわかせながら答えていました。
今大会では惜しくもグランドチャンプ本を逃しましたが,発表からディスカッションまで個性を感じさせる心に残る発表となりました。
 
 
「人前で発表するのは緊張する。でも,ほかの人の好きな本を知ることは楽しい。自分の知らない本に出会えるし,本を通して,その人を知ることができる」(中元さん)
 
 
初めは照れくさくて緊張するかもしれませんが,好きな本の魅力を語りあうことの楽しさ,人との交流を深めることの楽しさを味わうことができると思います。
新しい本の世界と出会うため,相手を理解するため,皆さんも身近な人とビブリオバトルをしてみませんか。
 
 
 広島・山口ブロック地区決戦(広島県立図書館)
 
 ビブリオバトル首都決戦2013
 
 
 
←トップページへ ↑ページの先頭へ

福山市立大学附属図書館
このページに関するお問い合わせは下記のアドレスにお願いします。
〒721-0964 広島県福山市港町二丁目19番1号
TEL:084-999-1118 FAX:084-931-1208 Email: lib@fcu.ac.jp